何の変哲もない、ほんとに ただの日記。猫と食べ物の話が多いナ
| Login |
2018年02月11日 (日) | 編集 |
退院してから8日が経ちましたが、相変わらず風邪が抜けず、薬漬けの毎日であります。

熱が出ていたので、最初は、病院からもらった、坐薬の ボルタレン。
・・・ただの風邪だしな、、と思い、坐薬はやめて、タイレノールに切り替え、でも、ただの風邪に、消炎鎮痛解熱剤ってどうなのかな?と思って、「バッファリン風邪薬」を、ドラッグストアの店頭で見つけて買い、服用。

使い切ったのに、まだ治る気配もないので、またバファリン風邪薬を買おうとしたら、近所のドラッグストアには売ってなかった。
仕方がないので、今は、パブロンで凌いでいる。
やっと、すこーし調子が戻ってきた今日この頃なのです。

今日は、久しぶりに小樽へ。
今、札幌では、「さっぽろ雪まつり」、小樽では「小樽雪明りの路」の開催中。
  otaruunnga.jpg小樽市HPより

回転寿司では、雪明りの路限定のお寿司「雪いくら」を食しました。

いくらの上には、カッテージチーズ。
雪いくら


スポンサーサイト

2018年02月05日 (月) | 編集 |
内視鏡手術して、大きな黒ゴマみたいなのが4個出ました。
水曜日に入院、金曜日に退院しました。

ステントが尿管に入っているので、2週間後にまた病院に行って抜いてもらわなければなりませんが、腎臓を腫らしていた石もきれいに取れたし、まずはめでたしです。

しかし、退院した途端に、風邪をひき、体調不良が続いています。

でもいいこともあって、嗅覚が完全に戻っていたので、今日は、仕事帰り(具合が悪いので早退)に、クッキー&キャラメルのパンを買ってワクワクしながら帰宅したのでした。

ですが・・・

家に帰った途端、なんにもにおいがしなくなってました。
ただの甘いパンを食したわけですね。

がっかりーーーーー


↓「大吾パン18丁目店」の、これはアンパン。
18丁目パン


2018年01月31日 (水) | 編集 |
いやー、まいった。

昨日の夜中(夜が明ける前)お腹が痛くて、目が覚めた。
とりあえず、トイレに行ったが、出るのは小だけ。

吐き気もないし、、

でも、ただただお腹が痛い。

横になっても縦になっても、痛い。
じっとしてても痛い。歩き回っても痛い。

痛いからバッファリンを服用んでみた。鎮痛効果もあるはず、、と思って。

結果、なにも変わらず、痛い。

朝まで横になったり、うろうろしたり、しゃがんだり、お腹揉んだり、、
お腹にくる風邪かな?

というわけで、朝 とりあえず、いつもより1時間くらい早く家を出て、職場である大学の附属病院へ向かいました。
居てもたってもいられなくて、、痛いから・・・
いつもは、呼吸器内科にかかっているけど、今回は消化器内科へ。

それからが地獄。
診察予約して、あとで内線呼び出してもらおうかな、というわけで職場へもどろうと最初は思った。だけど、もう歩く元気もなくなったので、待合室で待ったわ。

順番が来て、予診のあとは、CTとレントゲン。
検査室に行くのも大変(すぐそこなんだけど)。
当然大学病院だから、すぐは順番が回ってこない。検査室の待合室でまた待つ羽目に。
あんまり痛いので、地べたに座ってみようか、それとも寝そべってみようか、なんて思いながらも、夜 2時間も寝てなかったから、痛いながらも、うつらうつらしてしまったのは、ちょっと驚き。

結果、尿管結石で、内科から、泌尿器科へ回されたのでした。

「に・にょうかんけっせきーー??」
思いもよらない病名でした。

確かに尿管結石になった人の話を複数の人から聞いたことがあるけど、とにかく痛いらしい、という印象。
でもまさか自分が?と思ったのでした。
だってイメージでは、もっとキリキリと刺すような痛みが来るのかと思っていたからー。

キリキリとかズキズキではなく、もっと鈍い痛さだったけれど、ずーーーっと、同じ痛さが続いて、もう我慢ならん、、ていう感じ。
なにしても痛みが和らぐことがなく、この姿勢だとちょっと楽・・というようなことが一切なかったので、ほとほと参りました。

明日入院、手術で石を取り除きます。
今は痛み止めが効いているので なんて幸せ(TT)

実は、入院するまでの間に飲む、病院で処方された痛み止めが足りなくて、今日ドラッグストアから買ってきたのでした。
なんでだよ。
余分にくださいよーー



2018年01月26日 (金) | 編集 |
日本列島が冷凍庫化している今日この頃。

普段冷蔵庫のような札幌も、ここ2・3日は、間違いなく冷凍庫。
とにかくシバレ(凍)れます。
昨日は、マイナス10℃を超えました。

そんなお寒い中、飲み会に行ってきました。

うっかりすると、通り過ぎてしまいそうな店構えの「てんぐの蔵」。
18時開店で、5分前に着いちゃったので、暖簾がまだ掛かっていなかったから、
わかりづらかったのですが。

tenngunokuragaikan.jpg
さすがに暖簾が出ていると、お店だってわかりますね。


お刺身の盛り合わせに始まり、シメは、やはり温か~いお鍋。
凍れる夜に、身体ポカポカになって家路につきました。

お刺身盛合せ。珍しいところでは、「たちの蒲鉾」と「ハッカク」の刺身が載ってます
tengunokurasashimi.jpg

丸ごとにんにく揚げ
tengunokuraninnniku.jpg



結局 駅まで歩く間にまた凍(シバ)れましたが^^;