何の変哲もない、ほんとに ただの日記。猫と食べ物の話が多いナ
| Login |
2017年06月30日 (金) | 編集 |
話があちこち行ってしまう女性の話。。。

「小中同級生でぇ、高校のときは隣のクラスだった友達のお母さんがヤコブ病になって、あっという間に亡くなったんですよ~。
ヤコブ病って知ってますぅ?」
「クロイツフェルト・ヤコブ病でしょう?珍しい病気だよね」

「100万人に1人の割合でぇ。やー、子供のころは、気の弱い男の子だったのにぃおじさんになっててぇ」
(む?男?・・しかも、今の話題は友達のお母さんの病気の話だよね!?)

「俺、今度結婚するんだ、って。しかも2回目だって!あの子が!ガハハー(笑声)」
「お母さんとも親しくしてて、行き来してたんですよー」
(あ、あそう・・)

「100万人に一人ですよー、ひどいですよね・・そんな病気になるなんて」
(あれー病気の話に戻ったわ)

「腰が痛いから、ルンバ、ほしいーーーほしいーー」

(!!???、、もうダメ、、たすけてー)



スポンサーサイト

2017年06月24日 (土) | 編集 |
もう何人目かもわからない、変な、今回はおばさん。

JR桑園駅に向かって歩いている時、信号のある交差点の真ん中で、向こうから来たおばさんに道を聞かれました。
「この辺にスーパーはないかしら?」
信号が赤になりそうだったので、仕方なくおばさんの進行方向、私からしてみれば逆戻りして、信号の下で、周辺で一番大きな唯一の大型スーパー、「イオン」を教えようとしたら、そこは何回も行ってるの。ほかにお魚とか売ってるお店ないの?ときたもんだ。

(昔はダイエーや生協もあったが今は)「イオンのほかは、コンビニしかありませんよ」と答えると、「わたし、南1条西○丁目の一等地から引っ越してきたばかりだから、まだよくわからないの。あらースーパーないの?不便ねー。一等地から来たからねぇ、まわりになんでもあったのよ。スーパー銭湯もあったし」

知らんがな!

一人暮らしで、最近16歳のペットの柴犬を亡くしたのだそう。
カバンをゴソゴソしだしたかと思ったら、携帯を取り出し、そのワンちゃんの写真を見せてくれた。可愛かったけど・・

寂しいんでしょうね。だれかれ捕まえては自慢話してんのかな。

なんだかんだで、信号が青になるまで、話し相手をしてあげたのでした。

botan20170618.jpg


2017年06月24日 (土) | 編集 |
小林麻央さんが亡くなりました。

実は、麻央さんが亡くなったその日、急に、麻央さんのブログを読むことを思いつき、一心不乱に読んでいました。
なぜか(今までそんなこと一度もなかったのですが)、「今日はブログ更新されてるかしら・・・」と思い、検索してブログにアクセスし、6/20更新の「オレンジジュース」と題したブログの写真を見て、ああ、思ったより、元気そうでよかった・・と思ったのです。

それから、ずーっと、過去のブログを深夜まで読み続けてしまったんです。

そうしたら、次の日の訃報・・・

びっくりしました。



海老蔵さんの会見の中に、2人のお子さんの様子が語られていました。
麻央さんの顔を触ったり、足をさすったりしていたとのこと。

わたしは長男が亡くなった時のことを思い出しました。

勸玄くんと麗禾ちゃん、お母さんの顔や身体を触って、きっと、「氷のように冷たい・・」と思ったんだろうな、、と。



これからしばらくは、涙腺崩壊の毎日です



麻央さん、安らかにお眠りください

casablancanado.jpg



2017年06月21日 (水) | 編集 |
回転寿司 『魚べい』 八軒24条通り店。

明るくて、きれいな店内。 
タッチパネルで注文、列車のお皿でお寿司が運ばれてきます。
いわゆる回らない回転寿司屋さん。お皿を返す時もタッチパネル。これは初めてです。
今までよく行っていた手稲前田店の魚べいでは、お皿を返すボタンは、レーンに付いてたからねー

ここで、はじめてセット寿司を頼んでみました。
美味しそう、、
実際、美味しかったですー

彩(いろどり)セット
uobei sushiset


2017年06月15日 (木) | 編集 |
15日は、長男かずちゃんの月命日。

かずちゃんの大好物、枇杷をお供えしました。

biwa2017.jpg




2017年06月10日 (土) | 編集 |
10年以上、毎日のように、通勤途中に見かけていた 野良猫のタマちゃん、去年から姿が見えません。
tamachan2_souen.jpg

餌と小屋を提供していたお宅の、猫専用出入り口も最近閉鎖されていますし、タマちゃんがいつも鎮座していたマットもありません。
tamachan_souen.jpg


写真の、右下の四角い穴に、今は 白い蓋が貼られています。
tamachankoya.jpg

この3月に、玄関前で立ち話をしていた、奥さんに思い切って聞いてみたら、近所に住む、タマちゃんに餌をやったり、しょっちゅう抱っこしたりして、世話を焼いていたおばあちゃんが、冬の間家に引き取って面倒をみているとのこと。
雪が溶けたら、またここに連れてくると言っていたから、またきっと会えますよ、と言っていたけれど、、未だに姿が見えません。
出入り口が封鎖されてしまったことから考えると、とうとう・・・

10年以上、近所の小学生やサラリーマン、OL,学生のアイドルだった猫ちゃん。
タマちゃん、という名前がついてることをつい2・3年前に知りました。
何歳だったのかな、、

うちの猫より、人懐っこかったよな~、ノラ猫なのに。。
幸せな人生、、もとい猫生だったと思うよ。