何の変哲もない、ほんとに ただの日記。猫と食べ物の話が多いナ
| Login |
2017年07月15日 (土) | 編集 |
暑い暑い。
札幌は、7月上旬には125年ぶりの暑さを記録。
10日連続の真夏日は、20年ぶりだって。

確かに20年前、暑かったわ~
当時は、北海道知事会館の近くに住んでいて、詳細は忘れたけど、わたしは次男だけを連れて、外に出たのでした。
ほんとうは、長男も一緒に出掛けたかったのだけど、父親(もと 夫)から、「お前は俺と一緒に家にいろ」って言われて、次男と二人で出掛けた。
あの頃、彼(夫)は、仕事上のストレスから、言動や行動がおかしかった。
お酒に逃げてたし、わたしのことを、「ばか」だの「腐れ女」だのと罵詈雑言の限りを尽くしていたから、休みの日は一緒に家にいたくなかった。
家を出て、涼を求めて 近くの知事公館の庭に行ったけど、いつもは家族連れが結構いるのに、あの日は、暑すぎたのか、人っ子一人いませんでした。
みんな冷房の利いた建物の中にいたのでしょうね。

灼熱の太陽が照り続けていた20年前のあの日、家の中にいた2人は、今はもうこの世にいません。

長男には、我慢させることが多かった・・・
もし、彼が生きていたなら、大人になってから、「あのときは我慢した甲斐があったな、、」と感じることもあったかもしれないけれど、大人になることなく、この世を去ってしまいましたから、ただ我慢しただけになってしまったのかな・・・

何か切ないです・・・

暑い夏に思い出し、やるせなくなる瞬間です。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック