FC2ブログ
訃報を目にして
わたしの若かりし頃、仕事もプライベートも充実していたころに親しくしてくれていた、人生の先輩が亡くなった。

飲みに行った。
スキーをした。
テニスをした。
キャンプをした。
本を貸してくれた。わたしの図書館のような人だった。


74歳だった。
わたしがもう還暦なのだから、不思議ではない年なのだけれど、、

亡くなるには早いでしょう、、

職場で訃報を目にしたとき、ショックだった。
まさか と思った。

そして、寂しさが胸を覆った。

去年、偶然お会いしたときは、まだまだ若々しくお元気だった。
「70過ぎても、かっこいいですね」
と伝えた。

それなのに、、

なんか 虚しい

寂しい

悲しい・・

スポンサーサイト
ヘムテル
ブロカン
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

700km(Web素材)
アクセス解析
ネットで出会い探し
FC2レンタルサーバ
twitter
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ソルースジェル
プロフィール

にゃんこ

Author:にゃんこ
生まれたところ:山形県。
住んでるところ:札幌。
懸賞、ポイントが大好き。
めんどくさいことは嫌いです。
ガサツ… ともいう。
息子曰く、相当なあわてものらしい。自覚は少々。

A8
広告(オレンジトラフィック)
ライフメディア
iMiアンケートモニターに入会
ブログ内検索
リンク
Maker's Mark
RSSフィード
フルーツメール